お肌の水分量を上げる方法や日々の生活でできること

ただでさえ老化肌が気になっているのに、冬の暖房器具による空気の乾燥でますますお肌はカサカサ。私たちのお肌は、暖房器具や外気の乾燥などにより、日々危険にさらされています。そして、乾燥肌となってしまってそれを放置しておくと、今度は細かいシワが目立ってくることもあります。そうならないために!日々セルフで行うことのできる、お肌の水分量を上げる方法を知っておきましょう。

 

洗顔時のお湯の温度、意識していますか?

洗顔を行う際に熱過ぎるお湯で行ってしまうと、お肌が本来必要としている皮脂がきれいさっぱり洗い流され、その後に突っ張り感が現れることがあります。特に脂性肌の方の場合では、多少お肌が突っ張ったとしても、スッキリと皮脂が洗い流されたお肌のほうが快適だと感じることもあるでしょう。ですが、これを繰り返しているうちに、逆に皮脂分泌がどんどん多くなり、角質層が分厚くなって乾燥肌となってしまうことがあります。洗顔時の適正なお湯の温度は38℃前後。40℃を超える温度のお湯を使用した洗顔はNGです。
また、洗顔後にはタオルドライしますが、水分が完全に飛んでしまう前に、保湿化粧水で保湿を行います。これによってお肌の水分の蒸発を防ぐことができ、水分量の減少を防ぐことができますよ。

 

水分補給は十分ですか?

水分補給というと、汗をかきやすい夏のイメージが強いのではないでしょうか?ですが、冬の時期であっても、室内は暖房器具によって乾燥しやすくなっていますし、就寝時であっても、思いのほか室内の空気が乾燥していることも考えられます。つまり、冬の時期であっても、それらの影響を受けて体内の水分が失われる機会が多いということです。ということは、適度な水分補給が必要不可欠であるということ。冬の時期であっても、1日1.5?程度の水分補給を行うことを心がけてみて下さい。これだけで、お肌の水分量を上げる効果を期待することができます。ただし、緑茶やコーヒー飲料は利尿作用があるため、飲み過ぎてしまうと逆に身体から水分が抜けてしまうことがあります。お肌の水分量を上げるために摂取する水分は、水かミネラルウォーターがベスト。それが飲みにくいのであれば、無糖の炭酸水でもOKです。お肌が乾燥しやすい冬だからこそ、水分補給に神経を傾けましょう。

 

お肌の水分量を上げる成分はコレ!

角質層の水分量の減少は、乾燥肌への直線コースだと思って間違いありません。それを防ぐためには、洗顔後すぐにヒアルロン酸またはセラミドを高濃度で配合している化粧水で保湿を行い、クリームを重ねづけしてお肌に化粧水の水分を閉じ込めましょう。特にセラミドは、角質層の水分保持に役立つ成分ですので、お肌の水分量を上げるのであれば、おススメしたい成分です。
ヒアルロン酸やセラミドは、エイジングケアに優れた効果を期待することのできる成分ですので、日々のスキンケアに積極的に取り入れてみましょう。